【冷却期間で大失敗!】元彼・元カノに自分の存在を忘れられちゃった!

正しい冷却期間の考え方

はじめまして、復縁から結婚を果たしました、当サイトの管理人“復縁ドッグ”と申します。
このページでは、正しい冷却期間の考え方について書いています。
私の復縁エピソードはこちら→

 

冷却期間の正しい考え方を身に付けることは、復縁をする上で非常に大事なことです。

 

なぜなら、冷却期間を取らずに、何度も、何度も復縁を迫っていては、
復縁はおろか、そのままでは、音信不通になってしまうからです。
かくいう、私も冷却期間といった考え方すら知らなかったので、がむしゃらに復縁を迫ってばかりでした。
その結果、彼女に新しい彼氏が2度もできてしまったのです。そして、私の存在は・・・。
今ならわかりますが、冷却期間を取らないと、復縁なんて出来っこないんですよね。

 

という訳で、あなたは正しい冷却期間の知識を身につけて、少しでも早く大事な彼氏・彼女を取り戻して欲しいと思います。
では、はじめていきましょう。

冷却期間はなぜ必要なのか?

そもそも、冷却期間はなぜ必要なのでしょうか?

 

この点を理解していなければ、冷却期間中に元彼・元カノに連絡を取りたくなってしまい、
最終的に、我慢できずに連絡を取ってしまうことになります。
私のもとへも、「冷却期間中に、彼女に連絡をしてしまいました・・・。」
こんな相談が、結構な頻度で送られてきます。

 

そういった方へは、「残念ですが、もう一度はじめから、冷却期間を取り直してください。」
そうアドバイスさせていただいております。

 

では、冷却期間を取る理由について書いていきます。
冷却期間とは、“相手に与えてしまったマイナスの感情をリセットする為のもの”です。

 

私の場合もそうでしたが、別れ際はもめるものです。
「どうして、別れるの?」「他に好きな人ができたのか?」「まだ、やり直すチャンスはある?」
「ずっと好きだから・・・。」「別れないから!」

 

こんな言葉を相手に浴びせてしまったのではないでしょうか?
私の場合は、彼女に他に好きな人ができてしまったと告白されましたので、
だいぶ、別れ話はもめました。

 

そして、彼女にひどいことを言ってしまったのです。

 

彼女には、別れ際の悪いイメージが脳に残ってしまっています。
冷却期間を取らないと、いつまで経ってもこの悪いイメージは消えないのです。
当然、この悪いイメージは、復縁をするうえで、邪魔になってきます。

 

ですから、しっかり冷却期間をとって、復縁相手の中にある、
あなたに対する悪いイメージを消す必要があるのです。

 

冷却期間中に相手に恋人ができるのか?→
他のテーマを詳しく知りたい→